葉酸とは、

葉酸とは、

あまり聞きなじみのない栄養素かもしれません。しかし、これから妊活をしようと思っている方、妊娠した方には、積極的な摂取が推奨されている栄養素の一つです。

特に妊娠中は、葉酸が欠乏すると、胎児の先天性異常を引き起こす場合があり、重度の場合は流産など、胎児が死に至ることもあります。

ここでは、葉酸の特徴、働きについて詳しくご説明します。同時に、効果的な摂取方法、葉酸を取り入れて妊活を効果的に行う方法をご紹介します。

葉酸は、1941年にほうれん草の葉から発見された、比較的新しい栄養素の一つです。ビタミンB群のひとつで、体の調子を整える働きがあります。ビタミンB9とも呼ばれます。

葉酸は、妊娠中の妊婦が積極的に摂るべき栄養素として、病院での指導、母子手帳などにもその重要性が紹介されています。特に妊娠初期には意識的に摂る必要があります。

葉酸を摂るべき理由

•葉酸の働き

•赤血球の細胞の生成をサポート

•体内でのアミノ酸の合成、タンパク質の生成をサポート

•細胞を作るために必要なDNAやRNAなどを構成している核酸の合成に重要な役割

•胎児の正常な発育をサポート

以上のような重要な役割を担っています。

葉酸を妊娠中、特に妊娠初期に摂らなければならないのは、ビタミン12と協力して血液を造る働きや、細胞分裂が活発な胎児の正常な発育をサポートする働きがあるからです。

葉酸が不足するとどうなるの?

妊娠中のママが葉酸不足の状態が続くとどんな影響が出るのでしょう?

葉酸の働きの一つに赤血球を造るというのがありましたね。つまり、葉酸が欠乏すると、血液不足から貧血になります。ひどい場合は、疲れやすく、立ち眩みなどの症状が表れます。それだけでなく、貧血になると、胎児に必要な栄養が行きわたらなくなります。

さらに、妊娠初期(3~12週)の葉酸不足は、胎児に先天性障害を引き起こすリスクが高まります。この時期の胎児は細胞分裂を繰り返し、中枢神経系を形作っています。葉酸不足になると、これらが正常に行われず、問題が生じます。

一方、この時期に十分な葉酸を摂取すると、神経管閉鎖障害という先天性障害を防ぐことができます。アメリカのCDCは、妊娠初期の葉酸の摂取で先天性障害の50~70%を防ぐことができると報告しています。

さらに、葉酸の摂取によって、早産のリスクも軽減されるとハーバード大学の研究者は語っています。

妊娠中、特に妊娠初期には、意識的に葉酸を摂取しましょう。

いつから葉酸を摂取すべきか?

母子手帳には「妊娠1か月から摂るのが望ましい」と明記されています。妊娠かなと思って産婦人科を受診したら、妊娠3か月目だと言われることが多いですよね?

妊娠する前の最後の月経のはじまりを妊娠0週と数えます。着床は妊娠3週ぐらいで起こります。胎児の細胞分裂は着床後直ちに始まります。

つまり、葉酸は、まだ妊娠しているかどうか定かでない時から飲み始める必要があるということです。妊娠を考えている方は、葉酸を飲み始めた方がいいということになります。

葉酸はどのぐらい摂取すべきか?葉酸を多く含む食品は?

厚労省は、18歳以上の男女ともに1日240μgの葉酸を摂取することが望ましいとしています。ちなみに、1μg(ミューグラム)とは、1gの百万分の一グラムのことです。

葉酸は、意外にいろんな食品に含まれているので、妊娠中や妊活中でなければ、特に不足をそれほど心配する必要がない栄養素だと考えられています。

ところが、妊活中には、1日400μg、妊娠中だと1日480μgもの葉酸が必要となります。普段の2倍の量を摂る必要があるので、意識的に摂取しないと不足する恐れがあります。

葉酸の過剰摂取も問題を引き起こすため、1日の摂取量には上限があります。1日1000μg以上摂ると、皮膚や呼吸器にトラブルを引き起こす可能性が出てきますので、注意が必要です。

葉酸を多く含む食品

•鶏レバー100g当たり1300μg

•茹でたほうれん草100g当たり110μg

•茹でたブロッコリー100g当たり120μg

•いちご100g当たり90μg

•焼きのり1食分(3g)当たり60μg

•納豆1パック当たり60μg

葉酸を多く含む食品の代表的なものを挙げてみました。焼きのりや納豆、茹で野菜などを中心とした食事を摂れば、1日の必要量はほぼ摂れます。あなたの食事は、葉酸を摂れる食事になっていますか?

•葉酸を摂取する際に気を付けたいポイント

食物から葉酸を摂取しようとする場合、葉酸は摂ったものすべてが吸収されないという点です。

つまり、食物から摂取できる葉酸は、「ポリグルタミン酸型葉酸」と呼ばれるものですが、体内で酵素によって分解されてから吸収されます。その時に、摂取した半量に減ってしまうことがわかっています。

吸収率の悪さを改善したのが「モノグルタミン酸型葉酸」と呼ばれるもので、サプリメントに含まれています。この葉酸は、食物から摂る葉酸の2倍の葉酸が摂れます。

母子手帳に記載されている葉酸が、この「モノグルタミン酸型葉酸」なのです。吸収率、効率の高さを厚労省が認めています。

先ほど説明した1日の必要摂取量は、モノグルタミン酸型葉酸で葉酸を摂取した場合の数字なので、食物で葉酸を摂ろうとすると2倍量が必要になります。そうなると、必要量を摂ることは結構難しくなります。

葉酸の必要量を満たすためにも、サプリメントを上手に取り入れたいですね。

妊活中からぜひ飲みたい、おすすめの葉酸サプリメントは?

葉酸は、妊娠がわかる前から飲むことが望ましかったですよね?それと同時に、妊活のための体質改善も一緒にできるといいですね。

おすすめは、葉酸も入った妊活サプリです。普通の葉酸サプリには配合されていない妊活のための体質改善の栄養も含まれています。

妊活サプリには、排卵のリズムを整え、受精、着床しやすくするなど妊娠のプロセスに合わせた必要な栄養がバランスよく配合されています。

妊活中は、必要な栄養素をバランスよく摂る必要があります。一つの栄養素が足りていても、他が不足していると妊娠する可能性も低くなります。それぞれのプロセスで必要な栄養素は以下の通りです。

•排卵:タンパク質、ビタミンE、アルギニン、亜鉛など

•受精:ビタミンC、ビタミンE、コエンザイムQ10など

•着床:葉酸、ビタミンB12、ビタミンA、鉄、亜鉛、ビタミンEなど

それぞれの時期にあった、必要な栄養素を摂りたいものです。

亜鉛やビタミンB6は、葉酸の吸収や効果を高めます。同時に、ビタミンB12は、葉酸と共に赤血球を造る働きがあるので、ぜひ一緒に摂りたいです。

この記事では、何度も書いてきて繰り返しになりますが、排卵、受精、着床がスムーズに、問題なく進行してはじめて妊娠が成立します。それぞれのプロセスに必要な栄養素がバランスよく含まれているサプリメントがおすすめです。

同じ栄養素でも、製法、産地、配合率などによって、効果に大きな差が出ます。サプリメントを選ぶ際には、臨床試験などで、実際に効果が実証されているものを選びましょう。

重要だからもう一度繰り返します。

•排卵、受精、着床をトータルケアできる

•臨床試験などでその効果が実証されている

以上のような妊活サプリを選びましょう。これらをあなたの妊活に上手に取り入れて、ぜひ妊活を成功させてくださいね。妊活サプリがきっとあなたの願いをかなえる一助となることでしょう。道のりは長いかもしれませんが、ともに頑張りましょう。