男女別にみる不妊の原因は

「結婚したら、誰にでも簡単に子どもが授かる」

「若いうちはまだいいと思って避妊をしていて、いざ子どもを作ろうとしたら子どもができない」なんて人が意外に多いです。

「ひょっとして不妊症?」という心配が頭をよぎります。実際、不妊症でなくても、思った時期に赤ちゃんを授からないという経験を、17%のカップルがしています。

そういう状況になって始めるのが、妊活です。妊活という言葉はよく聞きますが、具体的にはどんなことをするのでしょうか?ここで詳しくご説明しましょう。

男女別にみる不妊の原因は?

WHO(世界保健機構)によると、「なかなか妊娠できない」というカップルのうち、女性に41%、男性に24%、両方ともに24%問題があるという調査結果が出ています。

女性側に原因がある場合

月経周期の異常、月経量・期間の異常、性感染症、子宮筋腫・子宮内膜症などの子宮の疾患など

男性に原因がある場合

造精機能障害、子どもの頃にかかった病気による精液性状低下、心理的原因など

WHOの調査結果からもわかるように、不妊は、男女どちらかだけのせいではありません。どちらかがどちらかを責めるのではなく、カップルで、ご夫婦で力を合わせて一緒に妊活に取り組みましょう!

妊活をするなら、効率的に!

「妊活は時間との勝負」とはよく言われている言葉です。どうしてだと思いますか?

「やはり、妊娠、出産、育児には体力がいるから、若い方がよい」と答える方が多いです。間違ってはいないですが、実は、もっと本質的な問題を含んでいます。

加齢によって、卵子の質は低下し、卵子の量は減少します。つまり、卵子の老化が進みます。卵子が老化すると、妊娠する確率が低くなり、出産もできなくなります。


上図は、年齢別卵子の残数を表しています。いかがですか?卵子の減り具合!胎児の時の700万個が出生で200万個に、初潮を迎えるころには30万個にどんどん減っていきます。

その後も排卵とともに、毎月500個ずつ減っていき、増えることはありません。卵子の数が1000個以下になった時点で閉経を迎えます。

つまり、卵子はどんどん減っていくだけです。一切、増えることはありません。

だから、妊活は急がなければならないのです。卵子が増えなくてもあるから大丈夫と思うかもしれませんが、残っている卵子は、あなたが年を重ねるのと同様、老化が進んでいるのです。

体外受精でも同じことが言えます。体外受精での流産率は、30代半ばでは10%前後であるのに対して、40代半ばだと80%を越えます。つまり、卵子自体が元気でなくなっているということを表しています。

こういう理由から、妊活を始めるのは、早ければ早いほどいいというわけです。

妊活の2つの重要課題!

妊活は早く始めるに越したことはないということがわかりましたが、では、具体的にどうしたら効果が表れるのでしょうか?

妊活で大切なことは、「妊娠しやすいタイミングをしっかり見定めること」「妊娠・出産がきちんとできるように体調を整えること」の2点です。それぞれについて、具体的に見ていきましょう。

妊娠しやすいタイミングをしっかり見定めること

卵子が受精可能なのは、排卵後6~8時間だけです。一方、精子は射精後36時間受精可能です。それぞれにとって絶妙のタイミングで出会わなければ受精しません。妊娠するためには、いつ卵子と精子が出会えばいいのか、そのタイミングを見極める必要があります。

排卵の時期を予測して、そのタイミングでセックスすると、効率よく受精、妊娠することができます。この方法を「タイミング法」といい、費用も掛からずお手軽なので、最初に取り組む方法です。

排卵周期を知るには、保健体育の授業でも勉強したと思いますが、基礎体温を毎日測ります。朝、起きたら体を動かす前に、ベッドの中で体温を測ります。基礎体温は、生理周期とともに変化するので、毎日測って記録を付けていると、排卵日が予測できます。

1.基礎体温の測り方

毎朝、起きる前にベッドの中で婦人体温計で測ります。婦人体温計は、舌の根に当てます。体温が測れたら記録を付けましょう。ポイントは、毎朝、決まった時間に測ること、測っている間は動かないことです。

最低でも2か月は記録を取り続けましょう。妊活中は、毎日欠かさず測りましょう。

2.基礎体温表から排卵日を予測する

基礎体温表は、下の図のようなグラフになります。


月経から次の排卵日までは体温が低い低温期です。排卵後、高温期になります。低温期と高温期の体温差は、0.3℃以上です。排卵があると、いったん急激に体温が下がります。上図では、15~16日に排卵があったと考えられます。

3.排卵日の1~2日前のタイミングで子作りをする

排卵日の1~2日前のタイミングでセックスをすると、最も受精しやすいです。先ほどの図では、およそ13~17日ぐらいです。そのあたりが最も妊娠しやすい時期になります。さらに、その日に生理周期の日数を足すと、その次に妊娠しやすい日がわかります。妊娠しやすい日がわかれば、その日に行為をすれば妊娠する可能性が大きくなります。

ただ、きちんと基礎体温を測ることが大切です。また、ストレスなどで排卵日がずれることもありますから、穏やかに暮らしたいですね。

妊娠・出産しやすい体調を作る

どのタイミングでセックスをすれば、受精しやすいかがわかりましたが、それだけではなかなか妊娠できません。妊娠しやすい体作りが大切です。つまり、ホルモンバランスが整うと元気な卵子が規則正しく排卵されます。また、健康な子宮内膜に着床しやすくなります。

それらのためには、生活習慣がとても大切です。ホルモンバランスはとてもデリケートです。ちょっとしたことで崩れます。受精、着床がスムーズに行えるよう、健康的な生活習慣を確立しましょう。

特に気を付けたい生活習慣としては、

規則正しく生活する/生活リズムを整える

食生活を見直す/栄養バランスを改善する

適度な睡眠・運動

ストレスをためない

喫煙・飲酒を控える

肥満を改善/適量の食事

過度なダイエットを控える

冷えを防ぐ/女性

精巣への圧迫や加熱を予防する/男性

これらを総合的にトータルに見直し、正すことが求められています。「これぐらい、まっいっか」は禁物ですよ。

食事習慣は、特に気を付けましょう!

赤ちゃんを授かるようにと栄養のある物ばかり摂って、栄養過多になるのも、好き嫌いが多くてある栄養が不足するなど、知らず知らずのうちに良くない習慣が続いていることもありますから気を付けましょう。妊娠しやすい体は、毎日の食事からです。

肥満は、妊娠しやすい体つくりにとっては敵です。とりわけ食べすぎは厳禁です。

食事習慣を整えることはなかなかむずかしいですので、そんなときこそ、サプリメントの力を借りましょう。どんなサプリメントでもいいわけではなく、排卵、受精、着床すべてのプロセスをトータルにケアできるサプリメントを選ぶといいでしょう。

妊活サプリ総合ランキング

リラックス!リラックス!

妊活中は、その成果の可否に一喜一憂しがちですが、そのストレスが妊活に悪い影響を与えます。ストレスは、ホルモンバランスを乱します。ストレスによる自律神経の乱れで、生理周期も乱れてしまうことが多いです。

ギスギスした気持ちのところには、赤ちゃんもなかなか舞い降りてくれません。ゆったりとした気持ちで赤ちゃんを待ちましょう。